トンネル内では渋滞車両を意識しておこう

 さる11月21日午前6時55分ごろ、京都府宇治市の京滋バイパス上り線の宇治トンネル内で、渋滞のために停止していた軽乗用車に、後続のトラックが追突し、前方の乗用車など5台が絡む多重事故がありました。

 

 事故現場は、トンネル入口から約 200m入ったところで、3連休の初日で交通量が多く、トンネル内で渋滞が発生していました。

 

 トンネル内は渋滞が発生しやすく、その最後尾の車両に後続の車両が追突する事故がよく起こるのですが、そのほとんどはトンネル内の視界の悪さに原因があります。

 

 とくに、今回の事故現場のように入口から 200mという地点は、明るい外部から暗いトンネル内に入ってからあまり距離がありませんので、ドライバーの目がトンネル内の暗さに慣れていないために、渋滞に気づくの遅れて追突したのではないかと思います。

 

 明るい所から暗いトンネル内に入ると、視界が回復するまではしばらく時間がかかりますので、入り口手前でスピードを落とし、前車との車間距離をとっておく必要があります。

 

 と同時に、トンネルに入る前に道路情報板などに出ている渋滞情報を見逃さないことです。そうすれば、渋滞に対する心構えができ、早めに気づくことができると思います。

 

(シンク出版株式会社 2020.11.27更新)

■「2021運行管理者手帳(トラック・バス)」好評発売中です!

 今年も、「2021トラック運行管理者手帳」と「2021バス運行管理者手帳」を好評発売中です。今年の手帳は、カバー裏の色を替えてツートンカラーとなり、とても素敵なデザインとなっています。

 

 本手帳は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録しています。

 

 カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。ぜひお手元でご活用ください。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月8日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。