混雑した状況での進路変更は危険です

 

 高速道路を快適に走行していても、インターチェンジ近くで車がたくさん流入してきたり、勾配などの影響で前方の車が減速し、車間距離がぐっと近づいてしまうことがあります。

 こんなとき、車間距離をとることを優先して自分も減速すればいいのですが、つい進路変更したり追越しをかけたくなりませんか?

 

 こうした状況では、自車だけでなく他の後続車も追い越しをしたくなっていることに留意する必要があります。

 安易に進路変更すると、寸前に追越しを始めた後続車や後方から追越車線を速度を出してやってきた車に追突されることが少なくありません。

 

 さる12月2日午前6時半頃、愛知県春日井市にある東名高速道路の小牧ジャンクションから春日井ICの間で追越車線に進路変更しようとした大型トラックが後続のトラックと衝突して3台が停止、さらに後からきたトラック2台が止まりきれずに追突し、最後尾のトラック運転者1人が死亡する多重衝突事故が発生しました。

 早朝で混雑するジャンクションとインターの間で進路変更しようとした運転者の行動が物損事故を誘発し、最後には死亡事故に結びついてしまいました。

 

 車間距離が詰まったり流入車が増えると、進路変更したくなる気持ちはわかりますが、急な進路変更は事故を誘発しやすい行為であることをよく認識して、まずは緩やかに減速して前との車間距離を維持し、安全な状況かどうかを冷静に観察する習慣をつけましょう。

 

(シンク出版株式会社 2020.12.8更新)

■「2021運行管理者手帳(トラック・バス)」好評発売中です!

 今年も、「2021トラック運行管理者手帳」と「2021バス運行管理者手帳」を好評発売中です。今年の手帳は、カバー裏の色を替えてツートンカラーとなり、とても素敵なデザインとなっています。

 

 本手帳は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録しています。

 

 カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。ぜひお手元でご活用ください。

 

【詳しくはこちら】

 

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月26日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。