右カーブでは対向車線へのはみ出しに注意

写真はイメージです。事故とは直接関係ありません。
写真はイメージです。事故とは直接関係ありません。

 

 さる11月29日午前9時すぎ、熊本県阿蘇市の通称「やまなみハイウェイ」を走行していたスポーツカーが、反対車線を走行していた乗用車と正面衝突し、2人が死亡1人が重傷を負う事故がありました。

 

 事故の現場は、片側1車線のゆるやかな右カーブで、警察ではスポーツカーがセンターラインをはみ出して、対向してきた乗用車と衝突したものと見ています。

 

 カーブを走行するときには、右カーブ、左カーブの見え方の違いによって運転行動に差がでることがあり、それが事故に結びつく要素になることがあります。

 

 たとえば、左カーブの場合は自分が走行している車線が広く見え、対向車線の方が狭く見えますので、対向車線にはみ出すことがあまりありません。

 しかし、右カーブの場合は自分が走行している車線よりも、対向車線の方が広く見えますので、無意識のうちにセンターラインの方に寄ってしまいがちになります。

 

 この傾向はスピードを出すほど強くなりますので、往々にしてセンターラインをはみ出してしまい、対向車と衝突することになります。

 右カーブを走行するときには、スピードを落として対向車線へのはみ出さないように注意してください。

(シンク出版株式会社 2020.12.10更新)

■「2021運行管理者手帳(トラック・バス)」好評発売中です!

 今年も、「2021トラック運行管理者手帳」と「2021バス運行管理者手帳」を好評発売中です。今年の手帳は、カバー裏の色を替えてツートンカラーとなり、とても素敵なデザインとなっています。

 

 本手帳は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録しています。

 

 カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。ぜひお手元でご活用ください。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月18日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。