ブラックアイスバーンに注意しよう

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 これから本格的な冬を迎えますが、路面が凍結してスリップしやすくなるため、早朝などに車を運転するときには十分に注意する必要があります。

 

 さる12月7日午前6時40分ごろ、北海道苫小牧市の道央自動車道を走行していた1台の車が逆向きになり、これを避けようとした車が道路脇ののり面に乗り上げるなど、9台の車が次々と事故に巻き込まれました。

 

 苫小牧市では、事故が起きた早朝の気温が0度前後で、路面はブラックアイスバーンの状態だったということで、スリップが事故の原因とみられています。

 

 ブラックアイスバーンは、その名前のとおり黒く光った路面ですが、見た目では雨などで濡れた路面と区別がつかないので、思わぬスリップ事故に結びつきやすくなります。

 

 寒冷地を走行しているときに、黒く濡れた路面が出てきたらブラックアイスバーンかもしれないと思って、スピードを落として慎重に運転しましょう。

 

 とくに、夜間や早朝に、橋の上などの高架部分や日陰になっている部分、トンネル出入口付近を走行するときには、細心の注意を払ってください。 

(シンク出版株式会社 2020.12.15更新)

雪道・凍結道の事故を防止しましょう

 小冊子「雪道・凍結路の危険をイメージしよう」は、冬道を走行するドライバーに対して、安全な運転方法を指導するのに最適の教材です。

 

 雪道を走行するにあたって、必要な知識が身についているか、また危険な行動をしていないかを「はい」「いいえ」でチェックすることにより、冬道走行の基本を学んでいただくことができます。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月10日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。