ジャンクション付近では強引な車に注意

写真はイメージです。文中の事故とは関連がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関連がありません

 先日、ニュース番組で高速道路のジャンクション付近を走行した軽自動車が、左車線から強引に右車線に車線変更してきたトラックと接触するドライブレコーダーの映像が放映されていました。

 

 この映像をよくみると、強引に車線変更したトラックの前にジャンクションから合流してくるトラックがあり、そのトラックを避けようとして右車線に無理に移動してきたように見えました。

 

 高速道路のジャンクションでは、往々にして合流してくる車と走行している車が意地の張り合いをして、危険な場面を生むことが少なくありません。

 

 この事例の場合、軽自動車と接触したトラックが少しスピードを落として、合流してきたトラックを前に入れてあげれば、こうした事故を起こさないで済んだと思います。

 

 ジャンクション付近では、合流する車は走行してくる車の前に入りたい、本線を走行している車は合流してくる車よりも先に行きたい、あるいは合流してくる車を避けて車線変更するなど、それぞれの車が違った思惑を持って強引な行動してきます。

 

 ジャンクション付近を走行するときには、隣車線の車や合流してくる車の動きを注視し、強引な動きをする車とは距離をとるようにしましょう。

(シンク出版株式会社 2020.12.16更新)

■「2021運行管理者手帳(トラック・バス)」好評発売中です!

 今年も、「2021トラック運行管理者手帳」と「2021バス運行管理者手帳」を好評発売中です。今年の手帳は、カバー裏の色を替えてツートンカラーとなり、とても素敵なデザインとなっています。

 

 本手帳は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録しています。

 

 カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。ぜひお手元でご活用ください。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月10日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。