温暖な地方でもスリップ事故に注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 今年の冬は例年以上に寒さが厳しく、九州南部や四国、太平洋沿岸側など比較的温暖な地方でも積雪や路面凍結などによるスリップ事故が多発していますので注意が必要です。

 

 さる1月13日朝、静岡市駿河区の国道150号の南安部川橋で路面凍結によるスリップ事故が多発して約2時間にわたって通行止めとなりました。

 

 このコーナーで何度も言っていますが、道路周辺に積雪がなくても、橋の上は風が吹きさらしになるため、夜間や早朝には路面の温度が低下して凍結しやすくなります。

 

 寒冷地のドライバーは、ほとんどスタッドレスタイヤを履いており、そうした凍結しやすい橋や高架部分なども頭に入っていて、走行するときには注意しています。

 

 ところが、最低気温が滅多に氷点下にならない地方のドライバーは、頻繁に寒冷地に出かける人以外は夏タイヤのままですし、橋の上の路面が凍結しているという意識があまりありませんので、乾燥路面を走行している感覚で運転してスリップ事故を起こしてしまいます。

 

 今年の冬は、温暖な地方でも路面が凍結することがありますので、早朝などに運転するときには、スリップに十分注意してください。

 

(シンク出版株式会社 2021.1.19更新)

■雪道・凍結路の事故を防止しましょう

 小冊子「雪道・凍結路の危険をイメージしよう」は、冬道を走行するにあたって、必要な知識が身についているか、また危険な行動をしていないかを「はい」「いいえ」でチェックすることにより、冬道走行の基本を学んでいただくことのできる教育教材です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月8日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。