左折時には左後方だけでなく右前方も注意

 左折時に左後側方をチェックするのは重要ですが、右前方にも再度注意することを忘れないようにしましょう。

 

 さる1月21日午前9時35分ごろ、岡山市の市道で道路に隣接する施設に入るため左折しようとしたタンクローリーが、自転車に乗った看護師の女性(60)をはね、女性が頭などを強く打ち意識不明の重体となる事故が発生しました。

 

 タンクローリーを運転していた会社員(27)は「確認がおろそかだった」と供述していますが、自転車はタンクローリーの後方から来たのではなく、前方から来て衝突したものでした。

 

 タンクローリー運転者は左後方を確認しながら左折しようとして、前方から右側通行してきた自転車を見落としたものと思われます。

 

 おそらく、車体の死角が大きいので左側を気にしたでしょうが、運転席が高いと右側にも死角が発生しますので、左だけ気にしていると見落とすことがあります。

 

 自転車は車道や路側帯上で左側を通行する義務がありますが、実際には路肩や路側帯を右側通行する例がよくみられます。また、歩道を通行する場合は右側通行は禁止されていません。

 

 このような事故が発生する背景にはこうした自転車の行動も影響していると思われますが、左折して道路外に出る場合は、歩道や路側帯など歩行者や自転車の通行するエリアを横切るのですから、一時停止して左側はもちろん右側も念入りに確認する習慣をつけることが重要です。

 

(シンク出版株式会社 2021.1.28更新)

■安全管理の法律問題シリーズ新刊を発売

本誌は、事業所の安全業務を行うにあたって、さまざまな法律上のトラブルから事業所を守るために知っておきたい法律知識を清水伸賢弁護士が分かりやすく解説する「安全管理の法律問題」の続編です。

 

前作では紹介できなかった事例を中心に、疑問点の多いテーマを取り上げていますので、前作をご購入いただいた方にもおすすめの内容です。

 

各テーマにはチェックリストや、ポイントをビジュアルに紹介していますので、難解な法律知識もわかりやすく理解することができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月10日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。