発炎筒は子どもが触れない所に

 さる1月19日午後5時半ごろ、福岡県遠賀町のドラックストア駐車場で乗用車が燃える火事がありました。

 

 燃えた乗用車は、33歳の母親が子ども4人を連れて買い物に来ていたということで、車内に残っていた4歳の次男が発炎筒を扱ううちに、車に火が燃え移ったということです。

 出火後に次男が母親を呼びに行って、母親が子どもを救い出したということで、幸い火事によいるケガ人はいませんでした。

 

 これまで、車内で子どもがライターで火をつけたという事例は聞いたことがありますが、発炎筒で火をつけたという事例は聞いたことがありません。

 

 ご存じのように、発炎筒はライターのように簡単に火がつくようなものではありません。

 キャップを外してその蓋にある擦り部分にこすって火をつけなければなりませんので、母親はまさか4歳の子どもが火をつけるとは思わなかったのではないでしょうか?

 

 いずれにしても、これからは子どもが発炎筒を触るということを頭に入れておく必要があります。

 小さな子どもがいる家庭では、発炎筒を子どもが触れない場所に入れておくか、最近はLED式の発炎筒もありますので、そちらに替えておくことをおすすめします。

(シンク出版株式会社 2021.1.29更新)

■安全管理の法律問題シリーズ新刊を発売

本誌は、事業所の安全業務を行うにあたって、さまざまな法律上のトラブルから事業所を守るために知っておきたい法律知識を清水伸賢弁護士が分かりやすく解説する「安全管理の法律問題」の続編です。

 

前作では紹介できなかった事例を中心に、疑問点の多いテーマを取り上げていますので、前作をご購入いただいた方にもおすすめの内容です。

 

各テーマにはチェックリストや、ポイントをビジュアルに紹介していますので、難解な法律知識もわかりやすく理解することができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月22日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。