積荷の不安定な車とは車間距離をとろう

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 先日、ニュース番組で、前方のトラックから鉄パイプのようなものが落ちてきて、後ろの車が車間距離をとっていたために避けられた映像が流れていました。

 

 後ろの車の助手席に乗っていた女性が、前のトラックの荷台で鉄パイプが揺れているのを見て、「以前、鉄パイプが落ちてきて後ろの車のフロントガラスを突き破ったのを知っている」といった話をしていて、運転者が前のトラックから距離をとるように走っていたところ、鉄パイプが落ちてきました。

 

 車間距離をとっていたために、落ちてきた鉄パイプを余裕を持って避けることができたのです。

 

 平ボディのトラックに積まれている荷物は、固縛方法が不十分だったりすると荷物の一部が落下して、後続車などに当たる事故が少なくありません。

 

 そのため、荷物を積んでいる平ボディトラックの後ろを追従走行する場合には、荷物がきっちり固縛されているかをしっかりと観察しておく必要があります。

 

 もし荷物の固縛が不十分なら、後ろを追従するのはリスクが高いので、すぐに車線を変えるなどしてその車から離れるようにしなければなりません。それが無理なら、十分な車間距離をとるようにしましょう。 

(シンク出版株式会社 2021.3.25更新)

■「安全管理の法律問題シリーズ」新刊、好評発売中!

 この冊子は、事業所の安全業務を行うにあたって、さまざまな法律上のトラブルから事業所を守るために知っておきたい法律知識を清水伸賢弁護士が分かりやすく解説する「安全管理の法律問題」の続編です。

 

 前作では紹介できなかった事例を中心に、疑問点の多いテーマを取り上げわかりやすく解説しています。前作をすでにご購入いただいた方にもおすすめの内容です。

 

 各テーマにはチェックリストや、ポイントをビジュアルに紹介していますので、難解な法律知識もわかりやすく理解することができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

4月19日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。