わずかな水たまりでもスリップに注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる3月21日午後7時20分ごろ、大阪市都島区を走行していたタクシーがスリップして歩道に乗り上げて商業施設に突っ込み、歩行者が軽傷を負う事故がありました。

 

 事故当時、雨が降っており、タクシーは歩道で待つ利用客を乗せようと歩道側に寄ろうとした際にスリップしたもので、「車の操作がまったくできなくなったため、突っ込んでしまった」と説明しているということです。

 

 事故の原因はわからないのですが、客を乗せようとしてハンドルを切った際にスリップしたのではないかと思います。

 

 市街地では、雨が降っていてもあまり路面に水たまりができませんので、濡れた路面でスリップするという感覚は持ちにくいのですが、実はわずかな水たまりでもスリップします。

 

 また、横断歩道やセンターラインなどの路面標示の白線の上などもスリップしやすいので、そこで急ハンドルや急ブレーキを踏んだりしないよう気をつける必要があります。

 

 雨の日は、あまり水たまりが深くない場所や、路面標示の上でもスリップしやすいということを頭に入れ、急ブレーキや急ハンドル操作をしないように心がけましょう。

 

(シンク出版株式会社 2021.3.30更新)

■堤防道路など悪条件下の事故の危険に気づこう

 小冊子「悪条件下における事故防止のポイント」は、運転中に遭遇する「堤防道路」「トンネル」「雨天」「夜間」「渋滞」「山間部」といった悪条件下における事故防止を狙いとした教育教材です。

 

 それぞれの運転場面における注意すべきポイントを簡潔にまとめていますので、悪条件下における事故防止のポイントを簡単に理解していただくことができます。

 

 

 

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月15日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。