歩行中の幼児に注意しよう

 警察庁の発表によりますと、平成28年から令和2年までの5年間に、未就学児が交通事故で死亡・重傷を負った人数は1、428人に上り、そのうち915人(約64%)が「歩行中」に事故にあっていることがわかりました。

 

 「歩行中」の事故を時間帯別にみますと、「午後4~5時台」が最多の264人で、続いて「午後2~3時台」が178人、「午前10~11時台」が122人、「正午~午後1時台」が112人となっており、ほとんどが日中に集中しています。

 

 また、自宅からの距離別にみますと、自宅近くで事故にあっているケースが多く、「50m以下」が281人、「100m以下」が105人で、386人(約42%)が自宅から100m以内の場所で事故にあっています。

 

 915人のうち851人について違反別にみますと、「飛び出し」が最多の280人(約32%)で、「一人歩き」が185人(約21%)、横断歩道ではない所を渡る「横断違反」が86人(約10%)の順になっており、この3つの違反で、551人(約65%)と3分の2を占めています。

 

 昼間、住宅街など子どもが多くいる地域を通行するときには、歩行中の幼児の存在に十分注意して走行してください。

(シンク出版株式会社 2021.4.2更新)

■安全のルールを正しく理解して運転していますか

 免許取得時には覚えていたはずの道路交通法に定められたルールも、時が経つにつれ記憶があいまいになってしまい、自己流に誤って解釈したまま運転をしている人も少なくありません。

 

 本テストはうっかり勘違いをしてしまいやすい安全運転のルールについて、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えていただくことで、普段どれぐらい正しくルールを理解できているかを簡単に知ることができる自己診断チェックです。

 

【詳しくはこちら】

 

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。