駐車場でのバックは慎重に

写真はイメージです。文中の事故とは関連がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関連がありません

 さる3月16日午前11時50分ごろ、東京都町田市内のショッピングセンターの駐車場の通路で、歩いていた夫婦がバックしてきた乗用車にひかれて、死亡する事故がありました。

 

 乗用車を運転していた71歳の女性は、「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と供述しているということです。

 

 高齢ドライバーの場合は、バック時に踏み間違い事故を起こしやすいと言われているのですが、その要因としては、次のようなものがあげられます。

 

 一つは、後ろを見ようとして身体をひねることで、アクセルとブレーキの位置が正しく把握することができなくなり、ブレーキを踏むつもりがアクセルを踏んでしまったということが結構あります。

 

 もう一つは、バックする際に何度も切り返していると、ブレーキとアクセルと踏み替える回数が増加することになり、頻繁なペダル操作に混乱して左右を間違えるという場合もあります。

 

 いずれにしても、駐車場でバックする際には、アクセルとブレーキを踏み間違える可能性がありますので、ペダルの位置を確かめながらアクセルと強く踏み込まないようにして、慎重にバックするようにしてください。

(シンク出版株式会社 2021.4.7更新)

■バック事故対策に最適の一冊

 冊子「自分で気づこうバック事故の危険【改訂新版】」は、バック時の自身の運転をチェックすることによって、具体的な危険に気づくことのできる、ドライバーのためのバック事故防止教育教材です。

 改訂版では、旧版の4場面に新たに「狭路へのバック」「道路端に駐車する際のバック」の2場面を加えた計6場面のイラストを見ながら、5つの質問にハイ・イイエで答えるだけで、バック時における自身の危険性に気づくことができます。

 巻末には付録として「バック事故を防止するための具体的方策」を掲載しています。バック事故を防ぐための対策を考える際のヒントとしてご活用ください。 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月18日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。