見通しのよい交差点での落とし穴

写真はイメージです。本文事故とは関係がありません
写真はイメージです。本文事故とは関係がありません

 さる4月6日午後1時すぎ、香川県多度津町の交差点で原付バイクと乗用車が出会い頭に衝突し、原付バイクを運転していた高齢女性が死亡する事故がありました。

 

 事故の現場は、片側1車線の道路が交わる見通しのよい交差点で信号機はなく、原付バイク側の道路には一時停止標識があったということですので、バイクの運転者が一時停止を無視したか、標識に気づかなかったのだと思います。

 

 見通しのよい道路で起きる出会い頭事故の原因は、双方の車が同じようなスピードで交差点に近づいていくため、ドライバーの視野の端に見えて止まって見えるため、車の存在に気づかないことがほとんどです。

 

 そのため、見通しのよい交差点では、交差道路のほうに顔を向けて車両の存在を確認する必要があります。

 しかし、バイクの場合は二輪でバランスをとって走行する乗り物ですので、道路の前を見て運転することが多く、左右を安全確認をする回数が少ないのが特徴です。

 

 見通しのよい交差点を通過する際に、交差道路側にバイクがいて一時停止の標識があっても、バイクは気づいていないかもしれないと考えて、先に行かせるようにしてください。

(シンク出版株式会社 2021.4.16更新)

■「安全運転の3つのキーワード」で事故防止

 交通事故には、交差点右左折時や進路変更時、バック時、夜間の歩行者横断時など典型的な事故パターンが存在します。

 

 それぞれのパターンには事故を起こしやすくする危険要因が存在するため、あらかじめ危険要因を理解して行動することができれば、事故の確率を飛躍的に減らすことが可能になります。

 

 この冊子では、13の典型的事故パターンについて、危険要因を直感的に理解し、さらに覚えやすいようにイラストと3つのキーワードを中心に構成されています。

 

 イラストでチェックし、安全運転のための3つのキーワードを覚えることで事故防止スキルが確実に向上します。 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月10日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。