強風に流されても慌てて急ハンドルを切らない

 さる4月30日午後2時ごろ、静岡市の東名高速で放送局の中継車が横転する事故がありました。

 車を運転したドライバーは「強風にあおられて、車がバランスを崩した」と話しているということです。

 

 高速道路を走行しているときなど、強風にあおられてふらつくことはありますが、横転することは滅多にありません。

 とはいえ、たまに横転することがあるのですが、その原因の大半は強風で驚いたドライバーがビックリして、急ハンドルを切ったりすることで起きています。

 

 たとえば、横風を受けて車が右に流されて車線をはみ出しそうになったとします。

 そのとき、慌てて元の車線に戻ろうと左に急ハンドルを切ったりすると、車体のバランスが崩れてコントロールを失うことがあります。

 

 それに驚いてさらに反対方向に急ハンドルを切ったりすると、ますますバランスを崩して、車体が大きく傾いて最後には横転することになります。

 

 走行中に突然強風に流されたりしたら、慌てて急ハンドルを切ったりしないで、スピードを落としてハンドルをしっかり握って徐々に元の車線に戻るようにしましょう。

(シンク出版株式会社 2021.5.14更新)

■運行管理者のための「指導・監督資料」決定版!

 トラックドライバー向け指導テキスト「運行管理者のためのドライバー教育ツール」は、指導・監督の指針12項目にそった内容で編集されています。

 点呼時や安全教育の機会をとらえて、簡単に12項目について指導できるように、イラストを中心とした内容になっています。

 

 言葉だけでは伝わりにくい安全運転の知識や注意事項も、イラストがあればより具体的に危険ポイントをイメージすることができます。また、付属の教育記録簿を使用すれば、そのまま指導・監督の記録として保存できます。

 

 初任運転者の社内指導用に整理した「指導項目用紙」と「安全運転者実技の添乗指導項目用紙」も添付しています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月24日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。