物損事故でも必ず通報を

 さる5月17日午後7時半ごろ、鳥取県職員が運転する軽乗用車が住宅の外壁に衝突する事故を起こしたにも関らず、警察に通報しないまま現場を立ち去ったとして、「事故不申告」の疑いで逮捕されました。

 

 事故の現場には、脱落したナンバープレートが残されており、これを手掛かりに運転者を突き止めたものですが、調べに対して運転者は「運転をしていたかハッキリ覚えていない」と容疑を否認しているということです。

 

 今回の事故の場合、車のナンバープレートが落ちているくらいですから、相当な衝撃があった思いますし、住宅の外壁も壊れているのではないかと思います。

 

 そうなると、事故原因になった違反行為(たとえば安全運転義務違反)の点数(2点)にプラスして、建造物損壊事故による事故点数が付きます。責任が重い(一方的不注意による)場合には3点が付きますし、事故現場を立ち去っていますから「当て逃げ」の5点が付加され、免許停止は免れません。

 

 相手がいなくてちょっと接触しただけだからと、警察への通報せずに現場を立ち去ると、「当て逃げ」と見なされ刑事罰が科される可能性があります。「物損事故」を起こした場合も速やかに警察に通報してください。

(シンク出版株式会社 2021.5.27更新)

■非接触事故で大きな責任を問われることがある

小冊子「接触していなくても大きな事故の責任がある」は、たとえ他車や他人と直接接触していなくても、大きな責任を問われた6事例を取り上げ、ドライバーに警鐘を鳴らす教育教材です。

 

それぞれの事例は運転者の責任を考える問題形式になっており、参加型の教材となっていますので、講習会等でもご活用いただけます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月19日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。