減速中のバイクから目を離さない

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる5月18日午後4時半ごろ、鹿児島市内の道路を走行していた原付バイクが、後ろから走ってきた軽乗用車に追突され、バイクを運転していた男性が死亡する事故がありました。

 

 事故当時、現場付近の道路は渋滞しており、バイクはゆっくりと走行していたということですが、バイクは軽乗用車に追突された後、押されて前の乗用車にも衝突したということです。

 

 走行中のバイクに後続の四輪車が追突する事故は少なからず起きていますが、その原因の一つに四輪車のドライバーが車体の小さなバイクの存在を認識していないことに加えて、スピード差が大きいことがあげられます。

 

 とくに、この事例のように渋滞している道路では、バイクの存在は周囲の風景と同化して認識されにくい面がありますし、四輪車のドライバーとしては渋滞中に油断してカーナビなどにわき見をすることがあり、バイクの見落としにつながるケースも少なくありません。

 

 いずれにしても、渋滞などでスピードが落ちてくると、前方から目線を外してわき見をしたりしてバイクの存在を見落とす危険が大きくなります。前車がバイクのときには、意識して動きをチェックするようにしてください。

 (シンク出版株式会社 2021.6.2更新)

■追突事故の危険を診断するチェックテスト

 衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)の普及によって、追突事故は減少傾向ですが、依然として、車対車事故における割合は追突がトップとなっています。

 

 本テストは、普段の運転行動をチェックしていただくだけで、ご自身の中にどんな追突事故に対する危険が隠れているかを確認していただける自己診断テストです。 

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月24日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。