眠気を感じたら、すぐに休憩しよう

 このほど、国土交通省の事業用自動車事故調査委員会が名神高速で発生した追突事故の調査報告書を公表し、運転者が眠気を感じたまま運転を続けることの危険性を強調しています。

 

 この事故は、2019年6月13日午後1時10分頃、滋賀県竜王町の名神高速道路上り線で発生しました。大型冷凍車が居眠運転のため渋滞中の乗用車などに追突して3台が巻き込まれ、3人が死亡3人が重軽傷を負いました。

 

 報告書によると、運転者は事故の15分ほど前に眠気を感じたものの、すぐ目前のPAで休憩せずに「少し先のよく知っているPAまで頑張って休憩しよう」と考えながら運転し続けているうちに、単調な状態で居眠運転に陥ったものと分析されています。

 

 過労運転として事業者が起訴されるほどの無理な運行スケジュールはなかったのですが、トラック運転者の常で、過去1か月間の運行中、休息場所は車中が約半数で休息期間も不足しがちだったために、慢性的な睡眠不足があり疲労回復が十分に図られていなかったのではないかと指摘されています。 

 また、午後の誰もが眠気を生じやすい時間帯であったことも関係しているようです。

 

 「まだもう少し、我慢できる」と考えている間に本格的な眠気がやってきます。少しでも眠気を感じたら、ためらわずに安全な場所で休憩してください。

(シンク出版株式会社 2021.6.3更新)

■マンガでわかる「運転における健康リスク」

 この小冊子では、ドライバーが健康管理を徹底していなかったために発生したと思われる、重大事故等の6つの健康起因事例をマンガで紹介しています。

 

 各事例の右ページでは、垰田和史 滋賀医科大学准教授(医学博士)の監修のもと、日々ドライバーが気をつけなければならない健康管理のポイントをわかりやすく解説しています。

 ドライバーが健康管理の重要性を自覚することのできる小冊子です。

 

 

詳しくはこちら

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。