路肩からはみ出した停車は危険

トンネルに入る前には、停車車両を警戒しよう(写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません)
トンネルに入る前には、停車車両を警戒しよう(写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません)

 さる5月30日午前5時半ごろ、滋賀県甲賀市の新名神高速道路のトンネル内の路肩に停止していた軽乗用車に、大型トラックが追突する事故がありました。

 

 軽乗用車は、路肩から走行車線にはみ出して停止していたということで、乗っていた5人のうち2人が死亡しました。

 

 このコーナーで何度も取り上げていますが、夜間に路肩に停止していた車が後ろから来た車に追突される事故がよく起きています。この事例のように走行車線にはみ出して停止していると、そのリスクは格段に高くなります。

 

 というのは、夜間走行しているドライバーは眠気でもうろうとしながら運転していることがあり、そういうときには左側の路肩との境界線を目印にしてその線に沿って走行していることがあるからです。

 

 通常は、そのまま境界線に沿って運転すれば何も起きないのですが、この事例のように路肩からはみ出した車が停止していると、気づいたときには避けることができないパターンになるのです。

 

 いずれにしても、夜間の路肩に停止するのは大変危険なので、停止しないようにしなければなりません。しかし、どうしても停止しなければならないときは、せめて路肩からはみ出さないように停止させてください。 

(シンク出版株式会社 2021.6.8更新) 

■追突事故の危険を診断するチェックテスト

 衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)の普及によって、追突事故は減少傾向ですが、依然として、車対車事故における割合は追突がトップとなっています。

 

 本テストは、普段の運転行動をチェックしていただくだけで、ご自身の中にどんな追突事故に対する危険が隠れているかを確認していただける自己診断テストです。 

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月24日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。