「てんかん」と診断されたら絶対に運転しない

 さる1月21日、福岡県宮若市で普通乗用車が軽乗用車に追突し、そのはずみで計4台の車が巻き込まれ、1人が死亡し2人が重軽傷を負う事故がありました。

 

 その後の警察の調べで、最初に追突事故を起こした運転者が「てんかん」の発作を起こしたことが分かり、6月2日に運転者を危険運転致死傷の疑いで逮捕しました。

 

 ご存じのように、「てんかん」と診断されても、2年間運転に支障がある発作が起こっておらず医師がしばらく発作のおそれがないと診断した場合など、一定の条件を満たせば車の運転は可能です。

 

 今回事故を起こした運転者は、昨年9月に病院で「てんかん」の診断を受け、医師からは運転時に起こる発作の危険性を指摘されていたということですので、当然運転できるような状況にはなかったと思います。

 

 いうまでもなく、車の運転は安全にコントロールできれば便利な乗り物ですが、反対に運転途中で発作を起こしてコントロールができなくなれば、人を殺す可能性がある乗り物でもあります。

 

 このことをしっかりと肝に銘じ、「てんかん」の診断を受けたら、絶対に運転をしないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2021.6.18更新)

■一瞬の油断による事故で人生を狂わせないためにー新刊

 ほんの一瞬の油断でも、ひとたび事故を起こしてしまうと、その後の人生を棒に振ってしまうことになりかねません。

 

 本書では、「一瞬の油断」によって起こりやすい事故を6パターン漫画で紹介し、事例ごとに油断に陥る心理背景を解説して理解する構成となっています。

 

 長期間交通事故を起こしていないドライバーや、運転が自己流になっている運転者におすすめの一冊です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月26日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。