ワゴン車は死角が大きいことを意識しよう

 

 いつもは乗用車に乗っている人がワゴン車を運転すると、車両感覚が違って戸惑うことが多いと思います。

 間違えやすいのはハンドル操作で、乗用車と比べて運転席が前にあることに気づかないまま少し早めにハンドルを切りすぎてしまい、後輪が縁石を踏んだりすることがあります。

 

 もう一つ気をつけたいことは、自車のボディがつくる死角が乗用車より大きいということです。

 

 さる6月16日日午後3時10分ごろ、北海道小樽市で信号交差点を右折していたワゴン車が横断歩道上の小学生2人をひいて、下敷きになった小学校低学年の女の子が怪我をする事故が起こりました。

 右折時に対向車線などを気にしていて右後方から横断してきた小学生らを見落としたものと思われます。

 

 右折時、横断歩道をやってくる歩行者は右サイドミラーには映りませんから、目視で右方向を確認する必要があります。

 このとき乗用車ならチラッと右を見れば背の低い小学生でも目に入るかも知れませんが、ワゴン車ではピラーやボディの死角に隠れてしまうことがあります。

 

 横断歩道の手前では一時停止して、左右をしっかりと覗き込んで確認することが重要です。

 

(シンク出版株式会社 2021.6.21更新)

■一瞬の油断による事故で人生を狂わせないために

 ほんの一瞬の油断であっても、ひとたび人身事故を起こしてしまうと、被害者の受けたダメージによっては、その後の人生を棒に振ってしまうことになりかねません。

 

 本書では、「一瞬の油断」によって起こりやすい事故を6パターン漫画で紹介し、事例ごとに油断に陥る心理背景を解説して理解する構成となっています。

 

 長期間交通事故を起こしていないドライバーや、運転が自己流になっている運転者におすすめの一冊です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月3日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。