会社敷地内から出てくる自転車に注意

写真はイメージです。文中の事故とは関連がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関連がありません

 さる6月16日午後5時半ごろ、熊本市南区の道路を走行していた軽乗用車が、右側にある会社の敷地内から車道に出てきた自転車をはねて死亡させる事故がありました。

 

 事故の現場は、見通しのよい片側1車線の直線道路で、会社と道路の間に歩道はなく路側帯があるだけでした。

 

 会社の前の道路に歩道が設置されていると、歩道の幅がありますので、車道に出るまでに少し距離がありますので、会社の敷地内から出る自転車としては、多少なりとも車道の車を発見するまでに時間があると思います。

 

 しかし、歩道がないとすぐに車道に直結しますので、油断しているとすぐに車道に出ていくことになります。

 

 一方、道路を走行する車にしては、交差点であれば交差道路から来る車に対して注意が向くと思いますが、会社の敷地となると交差点より注意力が低下すると思われます。

 

 そのため、会社の敷地から急に自転車が出てきた場合には対応できないことがあります。道路脇に会社などの敷地がある場合には、そこから出てくる自転車にも注意しておきましょう。

 

(シンク出版株式会社 2021.6.24更新)

■一瞬の油断による事故で人生を狂わせないために

 ほんの一瞬の油断であっても、ひとたび人身事故を起こしてしまうと、被害者の受けたダメージによっては、その後の人生を棒に振ってしまうことになりかねません。

 

 本書では、「一瞬の油断」によって起こりやすい事故を6パターン漫画で紹介し、事例ごとに油断に陥る心理背景を解説して理解する構成となっています。

 

 長期間交通事故を起こしていないドライバーや、運転が自己流になっている運転者におすすめの一冊です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月22日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。