歩行者が通過直後すぐに発進しない

 さる6月14日午後4時50分ごろ、兵庫県尼崎市の交差点を通過しようとした障害者施設の送迎車が、自転車に乗った小学3年の女児をはねる事故がありました。

 

 事故の現場は、信号機のない交差点で、送迎車は交差点手前で一時停止して左から横断する歩行者を待っており、通過した後に発進したところ右から出てきた自転車をはねたものです。

 

 交差点などで歩行者の通過を待って発進しようとしたところ、反対側から横断してくる歩行者や自転車と見落とすことがあります。

 

 これは、歩行者の通過を待っている運転者が、目の前を通過する歩行者にのみに意識が集中して、歩行者が目の前を通過したら安全だと勘違いしていることが少なくありません。

 

 一方、自転車に乗っている人も、停止している車を見て待ってくれているので早く渡ろうという意識があり、動こうとしている車の動きをあまり気にしていません。

 

 交差点や横断歩道などで、歩行者の通過などを待って発進するときには、すぐに発進するのではなく、もう一度反対側からくる自転車などをチェックするようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2021.6.25更新)

■一瞬の油断による事故で人生を狂わせないために

 ほんの一瞬の油断であっても、ひとたび人身事故を起こしてしまうと、被害者の受けたダメージによっては、その後の人生を棒に振ってしまうことになりかねません。

 

 本書では、「一瞬の油断」によって起こりやすい事故を6パターン漫画で紹介し、事例ごとに油断に陥る心理背景を解説して理解する構成となっています。

 

 長期間交通事故を起こしていないドライバーや、運転が自己流になっている運転者におすすめの一冊です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月27日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。