友達に格好いい所を見せようとしない

 さる6月24日、京都地検は4月14日に京都市北区で乗用車がセンターラインをはみ出してトラックと正面衝突して同乗していた5人が死傷した事故で、運転していた大学生を自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の罪で起訴しました。

 

 この事故は、制限速度が時速40キロのところを94キロで乗用車を運転して対向車線にはみ出したもので、同乗者は「危ないから止めろ」などと言っていたようですが、無理にスピードを出して対向車線にはみ出してしまったものです。

 

 過去の研究から、若い世代の運転者(とくに男性)は、同年齢の友達などの同乗者を乗せていると事故のリスクが高くなることが報告されています。

 

 同じ年代の友達を乗せていると、運転が上手いところを見せたい、下手に見られたくないといった意識が働き、無理にスピードを出す傾向が少なくありません。

 

 当然のことですが、若い世代の人は運転経験が浅いドライバーが大半ですので、スピードを出せば車を上手にコントロールすることができず、事故の確率が高くなるのです。

 

 友達などの同乗者がいるときは、変に運転の上手下手を意識をせずに無理のない運転を心がけましょう。

(シンク出版株式会社 2021.7.1更新)

■一瞬の油断による事故で人生を狂わせないために

 ほんの一瞬の油断であっても、ひとたび人身事故を起こしてしまうと、被害者の受けたダメージによっては、その後の人生を棒に振ってしまうことになりかねません。

 

 本書では、「一瞬の油断」によって起こりやすい事故を6パターン漫画で紹介し、事例ごとに油断に陥る心理背景を解説して理解する構成となっています。

 

 長期間交通事故を起こしていないドライバーや、運転が自己流になっている運転者におすすめの一冊です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月22日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。