雨の高速では横転事故に注意

 梅雨末期に入り、雨の降る地域が増えています。雨の日の運転では速度とハンドル・ブレーキ操作に十分注意しましょう。とくに高速道路で横転による重大事故が多発していますので注意が必要です。

 

 さる7月5日午前6時10分ごろ、栃木県那須町の東北自動車道で横転したワゴン車に後続のトラックが衝突し、ワゴン車に乗っていた2人が死亡、4人が重軽傷を負う事故がありました。

 

 衝突したトラック運転者は「ワゴン車が直前に横転して避けることができなかった」と供述していますが、ワゴン車のスリップ自損事故が発端と思われます。

 

 また、さる7月3日午後5時過ぎ、山口県下関市の中国自動車道で高校のハンドボール部員18人を乗せたマイクロバスが横転し、男子生徒2人が首や頭の骨を折る重傷を負ったほか、運転していた教師と生徒合わせて12人が軽傷を負いました。教師は「濡れた路面でスリップした」と話しているそうです。

 

 カーブの連続する場所などが危険ですが、見通しのよい直線道路でも進路変更や追越しなどをしたとき、速度やハンドル操作が適切でないとスリップすることがあります。

 

 とくに、ワゴン車やマイクロバス等に多数の乗員が乗っている場合は、重心の高さや遠心力が強くなることで運転が難しくなり、バランスを崩したりガードレールに接触したりして横転事故を起こす危険が高まります。

 

 雨の日はくれぐれも、慎重な運転を心がけてください。 

(シンク出版株式会社 2021.7.8更新)

■冠水路など悪条件下の事故の危険に気づこう

 小冊子「悪条件下における事故防止のポイント」は、運転中に遭遇する「堤防道路」「トンネル」「雨天」「夜間」「渋滞」「山間部」といった悪条件下における事故防止を狙いとした教育教材です。

 

 それぞれの運転場面における注意すべきポイントを簡潔にまとめていますので、悪条件下における事故防止のポイントを簡単に理解していただくことができます。

 

 

 

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月18日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。