免停中は絶対に車を運転しない

 先日行われた都議会選挙で当選した議員が、選挙期間中に免許停止になっているにもかかわらず車を運転して事故を起こし、無免許運転をしていたのではないかという疑惑を持たれています。

 

 当の議員は「免停期間中だったが期間を間違えて乗ってしまった」と釈明しているということです。

 

 しかし、免許停止手続きの流れを見ると、この主張には無理があるのは明らかです。

 というのは、事故や違反などで運転免許が停止になると免許証は警察に預けることになり、免停期間が終われば警察まで免許証を取りにいかなければなりませんので、免停期間を間違えて車を運転することは絶対にありえないのです。

 

 ということは、うっかりミスで車を運転していたのではなく、手元に運転免許証がない状態で運転していたことであり、無免許だと知っていて運転したのではないかということです。

 

 そもそも、法を守る立場である議員になろうという人が、交通違反などで運転免許停止になること自体、遵法精神が欠けているのではないかと思わざるを得ません。

 ちなみに、免停中に車を運転すれば無免許運転になり、一発で免許取消しになりますので、絶対に車を運転しないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2021.7.9更新)

■一瞬の油断による事故で人生を狂わせないために

 ほんの一瞬の油断であっても、ひとたび人身事故を起こしてしまうと、被害者の受けたダメージによっては、その後の人生を棒に振ってしまうことになりかねません。

 

 本書では、「一瞬の油断」によって起こりやすい事故を6パターン漫画で紹介し、事例ごとに油断に陥る心理背景を解説して理解する構成となっています。

 

 長期間交通事故を起こしていないドライバーや、運転が自己流になっている運転者におすすめの一冊です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月22日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。