積荷が不安定なトラックの後ろは危険

写真はイメージです。文中の事故とは関連がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関連がありません

 先日、高速道路を走行していた車のドライブレコーダーの映像で、前方を走るトラックの荷台からべニア板が飛んできて乗用車に直撃する様子がニュースで流れていました。

 

 乗用車はトラックとの車間距離をとって走行していたので、あまり危険な感じはしなかったのですが、それでも落下物が後方の乗用車に当たったのです。

 

 トラックは平ボディの荷台で、積荷にシートをかぶせていなくてロープだけで固縛していましたので、走行している間にロープが緩んで積荷が落下したのだと思われます。

 

 トラックの荷台が箱型のアルミバンの場合は、扉が開かない限り荷物が落下することはないのですが、荷台が平ボディのトラックの場合は、後ろを走行するときには注意が必要です。

 

 高速道路を走行するトラックの荷台には、橋の継ぎ目などで想像以上の上下振動がかかっており、しっかりとロープ掛けをしていても段々と緩んで、落下物が飛んでくることがあるからです。

 

 高速道路でトラックの後ろを走行する場合には、平ボディでシートもかぶせていないトラックの後ろを長時間走行しないようにしましょう。

(シンク出版株式会社 2021.7.13更新)

■教育用DVD「大丈夫ですか?高速道路の落下物」

 高速道路では、路上の落下物による思わぬ重大事故が後を絶ちません。本作品では、高速道路で発生したある死亡事故を図解や実験映像で検証しながら、高速道路での落下物事故防止を強く訴えます。

 

 周りの人々の安全はもちろん、自らの命や財産を守るためにも、こうした予期しない事態に対処する方法を知っておく必要があります。

 

 

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月29日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。