一方通行路に曲がるときの見落としに注意

 狭い道路が交わる交差点で、曲がっていく道路が一方通行の場合、どのような確認行動をしていますか。

 

 たいていの場合、一時停止標識がある場所では停止して、また標識がなくても見通しの悪い交差点では徐行して、車がやってくる方向を確認するでしょう。しかし、そのまま車が来ないと思って自分が曲がっていく方向を見ないでハンドルを切って進んでいることはありませんか?

 

 狭い一方通行路であれば逆方向からの交通はないと思い込み、つい車は右に曲がるのに左を確認したまま、右を見ないで車を動かすと、逆行してきた自転車やバイクと衝突する事故を起こす危険があります(あるいは左に曲がるのに右をみたまま車を動かす危険があります)。

 

 曲がる直前に「もっとも危険な曲がる方向を見ない」というのはあり得ないように思えますが、実際にこのような行動をとっている運転者は意外に多いのです。自分自身がそうした危険な操作をしていないか、一度反省してみてください。

 

 そして一方通行路へ曲がっていくときは、必ず曲がる方向を確認してからハンドルを切るようにしましょう。 

(シンク出版株式会社 2021.7.26)

■一瞬の油断で人生を棒にふらないために

 ほんの一瞬の油断であっても、ひとたび人身事故を起こしてしまうと、被害者の受けたダメージによっては、その後の人生を棒に振ってしまうことになりかねません。

 

 本書では、「一瞬の油断」によって起こりやすい事故を6パターン漫画で紹介し、事例ごとに油断に陥る心理背景を解説して理解する構成となっています。

 

 長い期間交通事故を起こしていないドライバーや、運転が自己流になっている運転者におすすめの一冊です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月27日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。