被害者が大丈夫と言っても立ち去らない

 車が歩行者や自転車などと接触したとき、低速度で運転していると大したことはないと甘く考えがちです。

 

 さる7月30日午前9時ごろ、兵庫県川西市の県道で病院の駐車場から道路に出ようとした車が、歩道を走ってきた8歳の女の子が乗る自転車に衝突し、後ろから来た兄(10歳)の自転車にも衝突、2人は足に擦り傷を負いました。

 

 ところが、車の運転者は「大丈夫?」と声をかけ、2人が「大丈夫です」と答えたところ、何もしないでそのままその場を立ち去ったということです。このため、警察は車の運転者を「救護義務違反=ひき逃げ」で捜査しています。

 

 乗用車でも車は1トン近くの重量があるため、たとえ時速10キロ程度で衝突しても、まともに衝突し歩行者が衝撃で地面に頭を打ちつけたような場合には、重力加速度に換算して50G程度の衝撃を与えることがあります。

 

 ですから、すぐに停止して歩行者や自転車に乗る人の怪我の具合を確認し、頭などを打っている場合は救急車を呼ばないと後で大変なことになる可能性があります。

 

 被害者が子どもや中高生の場合は「大丈夫です」と答えがちですが、本当に大丈夫かは病院に行かないとわかりませんので、救護せずにその場を立ち去ることは許されません。

 

 「ひき逃げ」が重罪であることを意識し、必ず必要な救護措置を行うよう心がけましょう。

 

(シンク出版株式会社 2021.8.5更新)

■安全運転・事故防止へ50の提言をまとめた単行本

 本書は金光義弘氏(川崎医療福祉大学名誉教授・NPO法人安全と安心 心のまなびば理事長)が長年の研究と実践で培った知識と経験をもとに、現在の交通問題について50の提言をまとめた1冊です。

 

 提言は、リスクマネジメントや危機管理体制の基本、これからの交通社会を担う子どもの安全教育まで、幅広いジャンルを紹介しています。交通問題解決の指針に触れることができる一冊です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。