追突しそうなときは、まずブレーキを

 皆さんは、わき見していて前車が止まっているのを発見したとき、どうしますか?

 

 とにかく、咄嗟に急ブレーキを踏んで衝突のダメージを少しでも減らすように行動するべきでしょうが、本能的にハンドルで避けようとする可能性もあります。

 

 このときハンドル操作で安全に回避できたらいいのですが、場合によっては事態を悪化させることがあります。

 

 さる、8月11日愛知県春日井市の交差点で、6台の車がからむ交通事故があり、3台が横転して7人が重軽傷を負いました。

 

 事故の発端は、信号待ちで停止していた車に後ろから来た軽ワゴン車が接触してそのまま赤信号の交差点に進入したことにあり、左右からきた車と次々と衝突、複数の横転事故が起こったようです。

 

 軽ワゴン車が急ブレーキを踏んで追突事故だけで終わっていたら、これほどの事故には発展しなかった可能性もあります。ハンドルで避けようとしたのではないかと疑いたくなる事例です。

 

 事故の詳細はわからず、これから事実が判明すると思いますが、強い急ブレーキを踏むと衝撃が弱められ、物損事故ですむケースが多くなります。

 

 事故防止には前方への注意を怠らないことが第一です。しかし次善の策として、ブレーキを踏むことを念頭に運転をしましょう。

(シンク出版株式会社 2021.8.13更新)

■ストレスに対処して事故の削減を目指す教育教材

 ストレスとの付き合い方がうまくいかないと、イライラしたり、身体にも不調が現れるなど、日常的に様々な悪影響が出てきます。

 

 その一方で、ストレスにうまく対処し、付き合っていくことで、心身への負担を軽くすることも可能です。

 

 本冊子では、ストレス構造の仕組みを知るとともに、仕事やプライベートで感じやすい6つの代表的なストレス要素について、ストレスにうまく対処し、付き合っていく方法を学ぶことをねらいとしています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。