大雨の高速道路では車線変更をしない

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません。
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません。

 

 さる8月14日午後6時過ぎ、岡山県内の山陽自動車道を走行していたトラックが車線変更をしようとした際にガードレールに接触して、はずみで路肩に乗り上げて横転し運転していた男性が死亡する事故がありました。

 

 事故当時、現場付近は雨が降っており最高速度は50キロに制限されていたということです。

 

 最高速度が50キロに制限されていたということですので、相当な雨が降っており、路面にもかなりの水たまりができていたのではないかと思われます。

 

 そういう路面状況で車線変更するということは、かなりスリップの危険性が高くなりますので、注意しなければなりません。

 

 たとえば、車線を区分する境界線のペイントの上はかなり滑りやすくなっていますので、この上でハンドルを切ったりするとスリップしやすくなりますし、水たまりがあればハイドロプレーニング現象を起こす可能性があります。

 

 いずれにしても、高速道路走行時に大雨が降っているときには車線変更など運転行動を変えるにはリスクが伴いますので、車線変更などをしないように心がけてください。

 

(シンク出版株式会社 2021.8.19更新)

■運転中に自然災害が発生したときの備えは万全ですか?

 近年は地球温暖化などによる異常気象の影響で、豪雨や強風、突風、猛暑、豪雪等の自然災害が多発しています。

 

 また、我が国は地震大国ですので、いつ何時、大きな揺れに襲われるかもわかりません。しかしながら、日々自然災害への対応意識を高めておけば、被害を最小限に留めることができます。

 

 本書は、運転中に自然災害に見舞われた6つの運転場面を提示しており、それぞれの危険要因と対処方法を考えていただく教育教材です。

  

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。