飲酒運転を隠そうとすると重罪に

 

 さる8月12日午後2時半ごろ、札幌市東区の交差点で走行していた軽乗用車が、道路を横断していた自転車をはねて、乗っていた女子高校生が右足捻挫等のケガをさせる事故がありました。

 

 運転者はその場から逃げたのですが、約5時間後に隣の白石区にいるところを逮捕され、呼気検査で基準を超えるアルコールが検出されたため、酒気帯び運転とひき逃げなどの疑いで逮捕されました。

 

 運転者は「飲酒運転がばれると思って逃げた」などと供述しており、警察ではより罰則の重い「アルコールなど影響発覚免脱」などの疑いで書類送検しました。

 

 飲酒運転に対する世間の目は厳しいものがあり、重い罰則が設けられているのはご存知だと思います。

 そのため、飲酒運転で事故などを起こすと、飲酒運転の発覚を免れるためその場から逃げたり、さらにアルコールを追加で飲んで「今、飲んだ」と偽装工作をする人が後を絶ちません。

 

 飲酒運転がばれないようにする行為は、罪の上に罪を重ねる行為であり、さらに重い罰則を受けることになります。

 もっとも、飲酒運転をしなければ隠そうとする必要もありませんので、絶対に飲酒運転をしないでください。

(シンク出版株式会社 2021.8.20更新)

■一瞬の油断で人生を棒にふらないために

 ほんの一瞬の油断であっても、ひとたび人身事故を起こしてしまうと、被害者の受けたダメージによっては、その後の人生を棒に振ってしまうことになりかねません。

 

 本書では、「一瞬の油断」によって起こりやすい事故を6パターン漫画で紹介し、事例ごとに油断に陥る心理背景を解説して理解する構成となっています。

 

 長い期間交通事故を起こしていないドライバーや、運転が自己流になっている運転者におすすめの一冊です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。