「激しい雨」の予報時は無理は禁物

気象庁提供
気象庁提供

 このところ、日本列島は各地で線状降水帯が発生するなど、大雨注意報などの予報が絶えず出ています。

 

 大雨注意報の予報が出たときに、車に乗って出かけたりすると、途中で思わぬトラブルに見舞われることになりますので、車の運転については慎重な判断が求められます。

 

 気象庁では、「雨の強さと降り方」という基準を出しており、これをみると、車の運転の可否がある程度判断できますので、参考にしてください。

 

 1時間の降水量が20ミリを超えると「強い雨」と表現され、ワイパーを速くしても見づらくなります。

 

 30ミリを超えると「激しい雨」と表現され、道路が川のようになって、高速走行時にはハイドロプレーニング現象が起こるとされています。

 

 さらに、50ミリと超えると「非常に激しい雨」とされ、車の運転は危険になります。

 

 この他にも、雨が強く降っているときには、土砂崩れや川の氾濫が起こったり、道路が冠水するリスクが高まりますので、「これくらい大丈夫だろう」と油断してはいけません。

 

 「激しい雨」の予報がが出ているときには、事前の情報収集と車に乗らないという決断も必要だと思います。

(シンク出版株式会社 2021.8.24更新)

■運転中に自然災害が発生したときの備えは万全ですか?

近年は地球温暖化などによる異常気象により、豪雨や強風・突風、猛暑、豪雪などによる自然災害が多発しています。

 

また我が国は地震大国ですので、いつ何時、大きな揺れに襲われるかもわかりません。しかしながら、日々自然災害への対応意識を高めておけば、被害を最小限に留めることができます。

 

本書は、運転中に自然災害に見舞われた以下の6つの運転場面を提示しており、それぞれの危険要因と対処方法を考えていただく教育教材です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月18日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。