電動キックボードで危険運転致死傷を適用

 さる8月26日、警視庁は無免許で電動キックボードを運転して人身事故を起こした女性を、自動車運転死傷行為処罰法違反(無免許危険運転致傷)などの疑いで書類送検しました。

 

 容疑は、今年6月2日午後7時10分ごろ、新宿区の交差点で電動キックボードを無免許運転し、赤信号を無視して時速約20キロで交差点に進入し、左からきたタクシーと衝突して乗客の男性にけがを負わせたというものです。

 

 通常、人身事故を起こした場合には「過失運転致傷罪」が適用されるのですが、ことさら赤信号を無視して危険な速度で運転したなどの悪質・危険な運転には「危険運転致傷罪」が適用されます。

 

 ここで注意したいのは、「過失運転致傷罪」の場合には罰金刑があるのに対し、「危険運転致傷罪」が適用されると懲役刑しかないということです。

 

 危険運転致傷罪の罰則は、1か月以上15年以下の懲役になります。電動キックボードの運転には、原付車の運転免許が必要ですが、免許がなければ6か月以上20年以下の懲役に加重されます。

 

 最近、自転車感覚で気軽に電動キックボードを運転している人が目立ちますが、人身事故を起こして「危険運転致傷罪」が適用されると、相手が軽傷でも罰金を払って終わりということにはなりません。ルールを守って安全運転をしてください。

(シンク出版株式会社 2021.9.1更新)

■安全運転・事故防止へ50の提言をまとめた単行本

 本書は金光義弘氏(川崎医療福祉大学名誉教授・NPO法人安全と安心 心のまなびば理事長)が長年の研究と実践で培った知識と経験をもとに、現在の交通問題について50の提言をまとめた1冊です。

 

 提言は、リスクマネジメントや危機管理体制の基本、ストレスや健康管理ミスが交通事故の原因になる仕組み、これからの交通社会を担う子どもの安全教育まで、幅広いジャンルを紹介しています。

 

 交通問題解決の指針に触れることができ、朝礼話題のネタ探しにも活用できる一冊です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。