翌朝の酒気残りに注意

 さる8月29日午前7時すぎ、鳥取市内の繁華街を自家用車で走行していた男性が、パトロール中の警察官に呼び止められてアルコール検査を受けたところ、呼気1リットル中0.3ミリグラムと基準値の2倍のアルコール量が検出されたため、酒気帯び運転の現行犯で逮捕される事件がありました。

 

 逮捕された男性は、「アルコールは完全に抜けたと思った」と話しているということですが、いろいろな飲酒運転の実験に参加した経験から言わせてもらえば、呼気1リットル中0.3ミリグラムのアルコール量があれば、「完全に抜けている」という感覚を持つのは難しいと思います。

 

 「まだアルコールは抜けておらず少し酔っている」という感覚だったのではないでしょうか。

 

 それから、逮捕された時間が早朝であったということを考えると、どこかで仮眠をとったのだと思いますが、飲んでから少し時間が経つと、まだ体内にアルコールが残っていても抜けていると錯覚しやすいこともあります。

 

 いちばん酔っているときの感覚と比較するので、酔いが覚めたように感じてしまうのです。

 

 体内に入ったアルコールが抜けるまでには、思っている以上に時間がかかります。翌朝車を運転する予定があるときには、飲み過ぎに注意して酒気残りにならないようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2021.9.8更新)

■「2022運行管理者手帳(トラック・バス)」の発売を開始しました

 今年も、「2022トラック運行管理者手帳」と「2022バス運行管理者手帳」の発売を開始いたしました。昨年版と同様に、カバー裏の色がツートンカラーのとても素敵なデザインとなっています。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正にも対応しています。

 

  カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。