バス運行中にネットニュースは必要?

画像はイメージです。本文中の事故とは関係がありません
画像はイメージです。本文中の事故とは関係がありません

 先日、名古屋市バスの運転者が、「ながらスマホ」で追突事故を起こしたとして、停職6か月の懲戒処分となったというニュースがありました。

 

 バスのドライブレコーダーには、交差点で停止中に私物のスマホを取り出して操作しており、青信号になってもスマホを触ったままバスを発進させて、前方の乗用車に追突する様子が映っていました。

 

 バスの運転者は、市の聞き取りに対して「1年前から乗客が少ない時に信号停止中にスマホでネットニュースを見ていた」と話しているということです。

 

 今回の報道を見て、多くの乗客の命を預かっているバスのドライバーが、運行中にスマホでネットニュースを見る必要がどこにあるのだろうかと思った人は多いと思います。

 

 車を運転しているときにスマホを見る人は後を絶たないのですが、今回のネットニュースのように運転中に見る必要がないものばかりです。

 

 運転中にスマホを見るということは、前方から目線をそらすことであり、事故を起こす確率が飛躍的に高くなります。事故を起こすということは人を殺すこともあり得ますので、絶対にやめてください。

(シンク出版株式会社 2021.9.14更新)

■「2022運行管理者手帳(トラック・バス)」の発売を開始しました

 今年も、「2022トラック運行管理者手帳」と「2022バス運行管理者手帳」の発売を開始いたしました。昨年版と同様に、カバー裏の色がツートンカラーのとても素敵なデザインとなっています。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正にも対応しています。

 

  カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。