時間帯規制を意識しよう

写真はイメージです。文中の事故とは関連がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関連がありません

 さる10月12日午前8時すぎ札幌市東区の交差点で、横断歩道を渡っていた40代の男性が右折してきた乗用車にはねられる事故がありました。

 

 事故の現場の交差点は、午前7時半から午前9時まで右折禁止になっており、乗用車を運転していた女性が時間帯規制に気づかなかったものとみられています。

 

 駐停車禁止などの交通規制の標識はたくさんありますが、そのなかには時間帯規制を示す時間帯が表示されていることがありますが、多くのドライバーはあまり気にしていないように思います。

 

 もともと標識を見ていない人も多く、時間帯規制の表示文字が小さいこともあって、時間帯を確認して運転する人は非常に少ないのではないでしょうか。

 

 しかし、規制標識の時間帯規制ほど重要な意味を持っている標識はないと思います。

 

 この事例のように、右折が禁止されている時間帯に交差点を右折するということは、違反になるのはもちろんですが事故を起こす可能性も高くなるからです。

 

 規制標識の下に、時間帯の表示あれば、絶対に無視をしないでください。

 

(シンク出版株式会社 2021.10.14更新)

■一瞬の油断による事故で人生を狂わせないために

 ほんの一瞬の油断でも、ひとたび事故を起こしてしまうと、その後の人生を棒に振ってしまうことになりかねません。

 

 本書では、「一瞬の油断」によって起こりやすい事故を6パターン漫画で紹介し、事例ごとに油断に陥る心理背景を解説して理解する構成となっています。

 

 長期間交通事故を起こしていないドライバーや、運転が自己流になっている運転者におすすめの一冊です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月19日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。