踏切の向こうにスペースなければ進入しない

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる10月13日午前8時35分ごろ、京都市中京区の踏切で電車と大型トラックが接触し、乗客1人がケガをする事故がありました。

 

 大型トラックは、踏切を通過しようとしていたのですが、踏切の先の交差点で信号待ちの車があって渡りきれず、トラックの後部が踏切内に残っていたため、電車と接触したものです。

 

 踏切の向こう側に交差点があったりすると、信号待ちの車が踏切近くまで連なって向こう側にスペースがなくなり、踏切を渡れないということになります。

 

 しかし、少し待っていれば信号が青に変わりますので、踏切の向こう側にいる車が動き出して渡ることができるのですが、先を急いでいる車などは踏切の向こう側に1台分のスペースがないのに、強引に進入することがあります。

 

 運転者の心のなかには「そのうち信号が変わって前に行けるだろう」とか「電車は来ないだろう」などという甘えた心理があるのだと思いますが、そういうときに踏切の遮断機が降りてきたりすると、閉じ込められてしまいます。

 

 踏切を渡るときには、向こう側に自車が入るスペースがないときには、絶対に進入しないでください。

(シンク出版 2021.10.20更新)

■「2022運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中です!

 今年も、「2022トラック運行管理者手帳」と「2022バス運行管理者手帳」を好評発売中です。運行管理者の皆様は、ぜひ、お早めにお申し込みください。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示・通達の改正にも対応しています。

 

  カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月3日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。