運転中強い眠気が襲ってきたらガマンは禁物

写真はイメージです。本文事故とは関係がありません
写真はイメージです。本文事故とは関係がありません

 さる10月24日午前9時半ごろ、静岡県伊豆市の国道を走行していた乗用車が反対車線にはみ出し、対向車線を走行してきたバイク2台と正面衝突してバイクを運転していた男性が死亡し、もう一台の男性が重傷を負う事故がありました。

 

 乗用車を運転していた女子大学生は、「運転中に眠くなってしまった」といった趣旨の供述をしているということです。

 

 車を運転していると、眠くなることはよくありますが、それでもこの事故のようにセンターラインを超えて対向車を衝突するようなことは滅多にありません。

 

 センターラインを超えてしまうほどですから、相当な眠気が襲ってきたのではないかと思います。

 どのような眠気なのかわからないのですが、まったく自覚がない眠りということなら「マイクロスリープ現象」かもしれません。

 

 マイクロスリープ現象は、眠気が強くなってきたときに瞬間的に数秒間居眠りをすることをさしますが、やっかいなことは運転者は眠ったことをほとんど自覚していないことです。

 

 運転中に強い眠気が襲ってきたら、ガマンをしないで安全な場所に車を止めて休憩をとるようにしてください。

(シンク出版 2021.10.29更新)

■「2022運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中です!

 今年も、「2022トラック運行管理者手帳」と「2022バス運行管理者手帳」を好評発売中です。運行管理者の皆様は、ぜひ、お早めにお申し込みください。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示・通達の改正にも対応しています。

 

  カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

11月29日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。