朝日で眩しいときは慎重な運転を

 さる11月10日午前8時前、千葉県若葉区の道路で荷物の積み下ろしのため停車していた大型トラックに、後ろから来た中型トラックが突っ込み、助手席に乗っていた50代の男性が死亡し、運転者など2人がけがをしました。

 

 目撃者の話によりますと、時速40キロ以上のスピードで、ほとんどノーブレーキで突っ込んでいったということで、中型トラックの運転者は「眩しくて前が見えなかった」と話していたということです。

 

 冬場になると、太陽が傾いて低い位置に上りますので、時間帯によっては運転席に太陽光が差し込み、眩しく感じることが少なくありません。

 進行する方向によっては、真正面から光が差し込んできて、サンバイザーを降ろしても前がよく見えなくなることがあります。

 

 そういうときは、遠くまで見通せませんので、前方に危険を発見したら止まれるスピードまで落として慎重に走行する必要があるのですが、なかにはこの事例のように、眩しくて前が見えないのに、スピードを落とさず運転する人もいます。

 

 朝日で前が見えないのに、スピードも落とさずに運転するということは、前方に駐車車両や横断歩行者などがないという前提で走行することであり、運転者として失格です。絶対にやめてください。

 

(シンク出版株式会社 2021.11.16更新)

■「2022運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中です!

 「2022トラック運行管理者手帳」と「2022バス運行管理者手帳」を好評発売中です。運行管理者の皆様は、ぜひ、お早めにお申し込みください。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示・通達の改正にも対応しています。

 カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月3日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。