生活道路では弱者を守る時速30キロ以下で走ろう

WDOR, ACT for low speed streets
低速走行を呼びかける国際道路安全組織のYouTube動画より

 

 交通死亡事故は減少傾向にあるとはいえ、依然としてかけがえのない命が交通事故によって失われ続けています。

 

 11月の第3日曜日=11月21日は「世界道路交通被害者の日」という国際デーでした(※World Day of Remembrance for Road Traffic Victims=世界道路交通犠牲者の日、という訳もあります)。 

 この日の前後は、世界中の多くの国・地域で交通事故・交通公害防止の活動が行われます。日本では残念ながら国や公共団体の働きかけはみられないのですが、交通事故被害者の団体では活動を行っています。

 

 今年の活動では、行動目標として特に交通速度を低下させることにスポットライトを当てています。低速=目安として時速30キロ以下=の走行は、多くの死者や重傷者の発生を防ぎます。

 

 フランスではパリ市内の規制速度を原則として30キロ以下に制限する措置を今年8月から実施しています(自動車専用の環状道路等は除く)。歩行者や自転車の安全を確保し、大気汚染や騒音を抑えるためとしています。

 事故が減少傾向にあっても、決して危険が解消されているわけではない事実を自覚して、事故で亡くなったり社会的生生命を絶たれた犠牲者に心を寄せ、とくに生活道路では「時速30キロ以下」の低速走行に努めましょう。

(シンク出版株式会社 2021.11.22更新)

■「2022運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中です! 残部僅少!!

 「2022トラック運行管理者手帳」と「2022バス運行管理者手帳」を好評発売中です。運行管理者の皆様は、ぜひ、お早めにお申し込みください。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示・通達の改正にも対応しています。

 カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月3日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。