左カーブでは右から横断してくる歩行者に注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません。
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません。

 さる11月15日午後6時ごろ、大分県日田市の国道を走行していた普通乗用車が横断歩道を渡っていた高齢者をはねる事故がありました。

 

 事故の現場は、片側1車線の見通しのよい緩やかな左カーブになっており、乗用車を運転していた男性は「前をよく見ていなかった」などと話しています。

 

 運転者が前を見ていなかったというのは、どういうことかは分からないのですが、左カーブを走行しているときには、運転者は車線からはみ出さないようにという意識が働きますので、どうしても曲がっている左側に注意が向きがちになります

 

 そのため、右側に対する注意が散漫になったりしがちで、右から横断してくる歩行者の発見が遅れてしまいます。

 

 また、事故が起きた時刻はいわゆる薄暮の時間帯であり、この時間帯は、周囲の視界が徐々に悪くなり、路上にいる歩行者などは道路に溶け込んで非常に見えにくくなりますので、こうした気象条件も発見が遅れる原因の一つになります。

 

 左カーブになっているような場所では、意識して右側にも注意を向ける必要がありますが、とくに薄暮時では、右側から渡ってくる歩行者を見落とさないようにしてください。

 

(シンク出版 2021.11.22更新)

■「2022運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中です! 残部僅少!!

 「2022トラック運行管理者手帳」と「2022バス運行管理者手帳」を好評発売中です。運行管理者の皆様は、ぜひ、お早めにお申し込みください。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示・通達の改正にも対応しています。

 カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月3日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。