コンビニでバック時は子どもに注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる12月2日午後4時半ごろ、広島県福山市のコンビニの駐車場でバックしていた普通乗用車が、近くを歩いていた2歳の男の子と衝突し、男児が重傷を負う事故がありました。

 

 コンビニ駐車場でバックするとき、他の交通場面に比べて事故のリスクが一段と高くなりますので、慎重な運転が必要になります。

 

 まず注意したいのは、コンビニに買い物にくる客の動きです。駐車場内という安心感があるのだと思いますが、他の車の動きに注意せずに危険な行動をしがちです。

 

 この事例のように、子どもの場合は身長が低いので、となりに停車している車の陰に隠れて発見しにくく、見えていても予測不能な行動をしがちですので、とくに注意が必要です。

 

 また、バックする運転者も進入方向ばかりに意識が向き、左右から近づいて来る歩行者などを見落とすことがあります。

 

 とくに、サイドミラーやバックモニターだけに頼ってバックしていると、横から出てくる歩行者などは発見が難しくなります。

 

 コンビニ駐車場でバックするする場合には、車に乗り込む前に周囲の状況をよく見て、子どもなどがいないかを確認することが重要です。

 

 そして、一気にバックするのではなく、目視で周囲の安全確認をしながら人が歩くくらいのスピードでゆっくりとバックしてください。

(シンク出版株式会社 2021.12.9更新)

■「2022運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中

運行管理に必要不可欠な情報を網羅した実務手帳である「2022トラック運行管理者手帳」と「2022バス運行管理者手帳」を好評発売中です。運行管理者の方はお早めにお求めください。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示等の改正にも対応しています。

 

 カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

 【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

1月24日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。