電動キックボード利用者は交通ルールを守ろう

写真はイメージです
写真はイメージです

 先日の報道で、電動キックボードによる事故が多発していることから、警視庁が取締りを強化する方針を打ち出したというニュースがありました。

 

 電動キックボードのなかで、出せるスピードが時速15キロ以下であれば「小型低速車」として分類され、運転免許証が不要で歩道も通行できるのですが、時速15キロを超えるスピードが出せる電動キックボードは、道路交通法上「原動機付き自転車」に分類されますので、運転するには運転免許が必要となります。

 

 これまで、その場でモーターの出力などを確認して分類するのが難しかったのですが、警視庁では市販の電動キックボードの性能などをデータベース化し、即座に電動キックボードの分類ができるようにしたということです。

 

 原付車に分類される電動キックボードに乗っている場合には、当然道路交通法を守らなければ違反となりますので、歩道を走行したり、信号を無視するなどの違反をした場合には、交通反則切符(青切符)が切られることになります。

 違反点数が一定以上になれば、運転免許停止などの行政処分が行わることになります。

 

 最近、電動キックボードが絡む事故が多発していますので、利用している人は、これまで以上の安全運転をお願いします。

(シンク出版株式会社 2021.12.10更新)

■「2022運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中

運行管理に必要不可欠な情報を網羅した実務手帳である「2022トラック運行管理者手帳」と「2022バス運行管理者手帳」を好評発売中です。運行管理者の方はお早めにお求めください。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示等の改正にも対応しています。

 

 カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

 【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月9日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。