深夜でも遮断機が降りた踏切に入らない

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる12月6日午前1時半ごろ、北海道岩見沢市のJR函館線の踏切で、貨物列車と踏切内に止まっていたRV車が衝突し、運転していた男性が列車と車の間に挟まれて死亡する事故がありました。

 

 RV車は、遮断機が下りた踏切に進入したとみられていて、貨物列車の機関士は、「発見したときには車の外に出ていて手を振っていた」「ブレーキをかけたが間に合わなかった」などと話しているということです。

 

 遮断機が降りた踏切内に無理に進入して事故になるケースをみてみると、渋滞していて強引に踏切に進入したり、先を急いでいて踏切で待たされる時間を惜しんで、遮断機が降りているのに進入した、などの理由があります。

 

 しかし、今回事故が起きた時刻をみると、深夜の時間帯で車の運転者が急ぐような状況ではないので、なぜ遮断機が降りているのに無理に踏切に入っていったのかわかりません。

 

 ひょっとすると、深夜なので列車が通過すると思っておらず、遮断機が降りていることをあまり深く考えずに、通過しようとしたのかも知れません。

 

 深夜でも、貨物列車は運行しています。踏切通過時に遮断機が降りていれば、絶対に踏切に進入しないようにしてください。 

(シンク出版株式会社 2021.12.14更新)

■「2022運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中

 運行管理に必要不可欠な情報を網羅した実務手帳である「2022トラック運行管理者手帳」と「2022バス運行管理者手帳」を好評発売中です。運行管理者の方はお早めにお求めください。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示等の改正にも対応しています。

 

 カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

 【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

1月20日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。