午前7時過ぎでも橋の上では凍結の恐れが

橋の上が凍結
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません。

 

 朝晩の気温が下がると、よく橋の上で路面が凍結すると言われますが、先日、橋上での典型時な凍結スリップ事故が発生しました。

 

 さる12月15日午前7時10分ごろ、静岡県伊豆の国市大仁にある新狩野川大橋の上で、同じ時間帯に別々の場所で車7台がからむ4件の衝突事故が、次々と発生しました。

 正面衝突1件、追突事故1件、単独事故2件で、幸い運転者の男性1人が軽いけがをしただけですみましたが、いずれも路面の凍結によるスリップ事故とみられています。

 

 おそらく橋へ向かう道路は乾いていて、いずれの運転者も警戒していなかったため、橋の上でブレーキを踏んだりハンドル操作をしたときに滑ったのだと思われます。

 

 この日の同地域の最低気温は1℃程度で、すでに午前7時を過ぎ、晴れて日が昇っていますから外気温は1℃を十分に上回っていたでしょう。しかし橋の上は水分が溜まりやすく、地熱の影響もなく風が橋の上下を通過して路面温度が低下するため、他の場所は凍結していなくても橋の上だけは路面温度が非常に低くなり凍っているということがあります。

 橋の上だけでなく、渓谷に沿って走る高架道路なども同じように危険です。

 

 朝の通勤時など、気温が少し上がると「幹線道路は滑らない」と考えがちですが、橋に入る前には速度や車間距離を調節して、不用意なブレーキ操作などをしないように心がけましょう。

 

(シンク出版株式会社 2021.12.20更新)

■「2022運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中

運行管理者手帳

 運行管理に必要不可欠な情報を網羅した実務手帳である「2022トラック運行管理者手帳」と「2022バス運行管理者手帳」を好評発売中です。運行管理者の皆さんはお急ぎください。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示等の改正にも対応しています。

 

 カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

 【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月15日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。