対向車線にバイクがいたら追い越さない

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません。
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません。

 

 さる12月19日午後1時45分ごろ、東広島市の県道を走行していた乗用車がセンターラインをはみ出して前車を追い越そうとした際に、対向車線を走行してきた原付バイクと衝突し、バイクを運転していた男性が死亡する事故がありました。

 

 片側1車線道路を走行しているとき、前にゆっくりと走行している車がいたら、追い越して先に行きたいと思うことがあると思いますが、言うまでもなく追越しは対向車線に出て前を走っている車の前に出ることなので、リスクが高い運転行為だということを認識する必要があります。

 

 ですから、前車を追い越すときには追越禁止場所でないことはもちろんですが、自分が対向車線に出て前車を追い越して前に出るまでに、対向車が来ていないことを確認する必要があります。

 

 ところが、対向車線にいる車の位置を正確に見極めるのは非常に困難で、とくにバイクのような車体の小さな存在は遠くに見えてしまいますので、バイクが近づいてくるまでに追い越せるだろうと対向車線に出たところ、アッという間に近づいてくることがあります。

 

 対向車がバイクの場合は、距離感やスピード感を誤りやすいので、安易に追越しをしないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2021.12.23更新)

■「2022運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中

 運行管理に必要不可欠な情報を網羅した実務手帳である「2022トラック運行管理者手帳」と「2022バス運行管理者手帳」を好評発売中です。運行管理者の皆さんはお急ぎください。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示等の改正にも対応しています。

 

 カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

  【詳しくはこちら】

 

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月30日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。