今年は寒冷地以外でもスリップ事故に注意

 今年の冬は、早い時期から強い寒気が入ることが予想されていましたが、各地で気温が下がった早朝などに、スリップ事故が相次いでいます。

 

 とくに注意したいのが、例年なら積雪や路面凍結などが滅多に起きない地方でも、雪が積もったり、路面が凍結が起きる可能性があるということです。

 

 そういう地方のドライバーは、雪道走行に慣れていませんし、寒冷地の得意先に行くとか、冬場にスキー場に出かけるといった車ぐらいしかスタッドレスタイヤを装着していないのではないでしょうか。

 

 そのため、ノーマルタイヤのままで走行していて、いつもの感覚で運転して凍結路面などで、スリップ事故を起こしてしまう可能性が高くなるのではないと思います。

 

 スタッドレスタイヤでない車に乗っている人は、寒い日の早朝などに高架道路を走行する場合には、路面が凍結している可能性がありますので、そのルートを通らないようにするなどの対応が必要になるのではないでしょうか。

 

 ですから、少しでも雪が降りそうな地域に出かける場合は、スタッドレスタイヤを装着した車で出かけるようにしましょう。ノーマルタイヤの車しかない場合には、車で行かないという選択肢も検討してください。

(シンク出版株式会社 2021.12.24更新)

■「2022運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中

 運行管理に必要不可欠な情報を網羅した実務手帳である「2022トラック運行管理者手帳」と「2022バス運行管理者手帳」を好評発売中です。運行管理者の皆さんはお急ぎください。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示等の改正にも対応しています。

 

 カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

  【詳しくはこちら】

 

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

1月24日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。