雪が降ったらノーマルタイヤで走行しないで

写真はイメージです
写真はイメージです

 さる1月6日から7日にかけて、首都圏や南関東に大雪が降り、各地で多くの車がスリップ事故を起こしたり、立往生するなど大混乱が生じています。

 

 スリップしている車の映像を見ていると、ほとんどがノーマルタイヤを装着したまま走行していてトラブルを起こしており、ノーマルタイヤしか装着していない車がなぜ雪道を走行していたのか、本当に不思議でなりません。

 

 雪を甘く見ていたとしか言いようがないのですが、雪の降り始めは路面の雪はすぐに溶けるので、前車のワダチに沿って走ればノーマルタイヤのままである程度走行できます。

 そのため、少々雪が降っても何とかなるだろうと高を括っているのでしょうが、路面に雪が残るようになると、徐々にスリップするようになります。

 

 雪が路面一面を覆うようになると、ブレーキを踏んだとき少しの路面の傾きでもズルズルと車が動くことがあります。こうなると、車の運転を継続することは絶対に無理で、事故を起こすか立往生することは必須です。

 

 雪が降ったら、ノーマルタイヤで走行することは絶対に無理です。ノーマルしか履いていない人は、車を使用しないでください。 

(シンク出版株式会社 2022.1.12更新)

■雪道・凍結道の事故を防止しましょう

 小冊子「雪道・凍結路の危険をイメージしよう」は、冬道を走行するドライバーに対して、安全な運転方法を指導するのに最適の教材です。

 

 雪道を走行するにあたって、必要な知識が身についているか、また危険な行動をしていないかを「はい」「いいえ」でチェックすることにより、冬道走行の基本を学んでいただくことができます。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月5日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。