トンネル内の路面凍結に注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません。
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません。

 

 

 さる1月12日午前11時すぎ、北海道旭川市内のトンネルを走行していたトラックと軽トラックが正面衝突し、合わせて3台が絡む多重事故があり、軽トラックを運転していた男性が死亡する事故がありました。

 

 現場は、緩やかなカーブで事故当時路面は凍結していて、どちらかの車が対向車線をはみ出したものとみられています。

 

 雪道を走行していてトンネル内に入ると、それまでの積雪しているる路面がアスファルト路面になりますので、急に走りやすくなる感覚を持つことがあります。

 

 そのため、それまで神経を遣って慎重な運転をしていたものが、急に開放感にとらわれて、雑な運転操作になったりすることがあります。

 

 ところが、トンネル内も多くの車が通過していますので屋根の雪などが落ちて路面が濡れており、それが凍結して滑りやすくなっている「ブラックアイスバーン」状態になっていることがあります。

 

 路面が「ブラックアイスバーン」になると、見た目では凍結しているかどうか分かりませんので、ちょっとしたハンドル操作やブレーキ操作で簡単にスリップしてしまいます。

 トンネル内でも、路面が凍結しているかもしれないと考えて、慎重な運転をしてください。

 

(シンク出版株式会社 2022.1.17更新)

■雪道・凍結道の事故を防止しましょう

 小冊子「雪道・凍結路の危険をイメージしよう」は、冬道を走行するドライバーに対して、安全な運転方法を指導するのに最適の教材です。

 

 雪道を走行するにあたって、必要な知識が身についているか、また危険な行動をしていないかを「はい」「いいえ」でチェックすることにより、冬道走行の基本を学んでいただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月30日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。