前車と車間距離をとって早めに落下物を発見しよう

 さる1月12日午前6時45分ごろ、東京都港区の芝浦と台場を結ぶレインボーブリッジの一般道を走行していたごみ収集車が横転する事故がありました。

 

 警察によりますと、ごみ収集車を運転していた男性は、路上に落ちていた段ボールを避けようとして急ハンドルを切ったところ、側壁にぶつかって横転したと説明しているということです。

 

 車を運転しているときに、突然目の前に落下物が現れると、誰でもビックリしてしまいます。

 そのとき、落下物に衝突すると車が壊れるほどの大きい物なら、ハンドルを切らざるを得ないと思いますが、それでも横転するほどの急なハンドル操作は厳禁です。

 

 急ハンドルを切るということは、落下物までの距離に余裕がないからです。

 前車がいなければ容易に落下物を発見することができるのですが、前車がいるときには、前車が車線変更したとたんに落下物を発見することが多いと思いますので、まず前車との車間距離を十分にとっておく必要があります。

 

 そうすれば、急ハンドルを切らずに余裕をもって落下物を避けることができますので、こうした事故を防ぐことができると思います。

 

(シンク出版株式会社 2022.1.18更新)

■トラックドライバーのための危険感受度自己診断テスト

本テストは、8つの運転場面をイラストで見て、自身が「危ない」と思う危険要因を答えることで、自分自身の危険に対する感受性を診断していただくことができるトラックドライバー向けの自己診断テストです。

 

本テストは、4つの交通場面それぞれにおける危険感受性と、3つの危険要素に対する危険感受性の、2つの軸から診断することができます。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月30日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。